タイトル 人道研究ジャーナル Vol.9(2020)
刊行日 2020年1月31日
著者 日本赤十字国際人道 研究センター編
定価 2000+税
ISBN 978-4-7989-1617-0
Cコード 3031
ページ数 216
判型 A5
製本 並製

【特集1 ジュネーヴ諸条約成立70周年 1949-2019】
特別寄稿 ジュネーヴ諸条約成立の舞台裏と今日的意義  フランソワ・ブニョン
国際人道法の発展に対する赤十字国際委員会の貢献  新井京
公設武装漁民と文民の保護  山本勝也
国連安全保障理事会による文民の保護  上野友也
報告:ルワンダ・ジェノサイド下の赤十字  齊藤彰彦
報告:国際医療救援活動と連携した国際人道法普及ストラテジーの可能性 益田充

【特集2 被爆75年の広島・長崎から】
 若い世代へいかに伝承するか
 核兵器廃絶に向けて
 あの日と今をつなぐ  滝川卓男
 広島赤十字・原爆病院の歴史と被爆者支援について 古川善也
 原子爆弾と日本の形成外科の誕生  平野明喜
 化学・生物・原子力等(CBRN)災害に対する赤十字国際委員会の人道対応の枠組み
 グレゴール・マリヒ/ロビン・クープランド/スティーブ・ドネリー/ジョニー・ネーメ
《評論》コントの「人道教」がめざしたもの  井上忠男

【特集3 ナイチンゲール生誕200年】
 ナイチンゲールが残した知られざる八つの業績  金井一薫
 フローレンス・ナイチンゲールとアンリー・デュナン  ピエール・ボワシエ
歴史探訪:デュナン―カスティリオーネの六日間  森正尚
《トピックス》東京パラリンピックと赤十字語学奉仕団  畑厚彦
赤十字と歴史:首都直下地震に備える  山澤將人
赤十字と歴史:近代における赤十字看護婦生徒の災害救護活動  吉川龍子
《歴史インタビュー:日赤看護婦・戦時救護活動》病院船と横須賀海軍通信学校での救護
《エッセイ》国際赤十字・赤新月社連盟アフリカ地域事務所での二年間を振り返って 永積健太郎

関連書籍
ページ上部へ戻る