タイトル フレーベルの幼稚園の原理
サブタイトル 批判的検討
刊行日 2020年8月24日
著者 ウィリアム・H・キルパトリック著  乙訓稔・別府愛監訳
定価 2100+税
ISBN 978-4-7989-1635-4
Cコード 3037
ページ数 184
判型 A5
製本 上製

フレーベルの象徴主義を批判したキルパトリックの名著!
幼児教育の祖フリードリヒ・フレーベルは、幼少期の子どもが行う遊戯などがその後の活動の象徴であるとし、教育のための玩具である「恩物」などを用いた幼児教育論を展開した。
彼の思想は、子どもたちの精神の内にある確固とした観念の存在を信じ、アプリオリに規定された子どもの発達を唱えるものであった。
これに対して、ジョン・デューイの弟子キルパトリックが、生得観念説に基づいたフレーベルの象徴主義の妥当性について精査し、その本質主義的な発達過程論を鮮やかに批判する!

第一章 フレーベルの教育学説の基礎となっている原理
第二章 基礎となっている原理の検討
第三章 フレーベルの教育心理学
第四章 幼稚園の恩物と作業
第五章 幼稚園の教育課程の付加的原理
第六章 結び

関連書籍
ページ上部へ戻る