タイトル 日本の異言語教育の論点
サブタイトル 「ハッピー・スレイヴ症候群」からの覚醒
刊行日 2020年8月31日
著者 大谷泰照
定価 2700+税
ISBN 978-4-7989-1648-4
Cコード 3037
ページ数 240
判型 A5
製本 上製

日本の異言語教育の特異なありようを、広く歴史的・国際的な視点から展望し、その「宿痾の病巣」を鋭くえぐる。これは、基本的には組織的な異文化接触の問題であり、「教師と学習者の能力や努力を超えた問題」と「教師と学習者の能力や努力そのものが厳しく問われる問題」とを厳しく峻別する問題である。

はじめに―「いわれのない優越感」と「いわれのない劣等感」
「歴史は繰り返さない、もし人が歴史に学ぶならば」―「まえがき」に代えて 第 1 章 異言語教育論に不可欠な基本認識(1)
―数学の学習と学習者の言語:
数学は超民族的な普遍性をもつ教科なのか
第 2 章 異言語教育論に不可欠な基本認識(2)
―異言語の学習と学習者の言語:
英語の学習に学習者の母語はどう関わるのか
第 3 章 異言語教育を支える教育姿勢
―日本の異言語教育政策
第 4 章 異言語教育を考えるための視点(1)
―日本人の言語・文化意識
第 5 章 異言語教育を考えるための視点(2)
―姓名表記の考え方:国語審議会の勧告をめぐって
日本の異言語教育の現状をどうみるか―「あとがき」に代えて
事項索引/人名索引

関連書籍
ページ上部へ戻る