メニュートップ
  • 新刊案内
  • 近刊予告
  • おすすめ本
  • 会社概要
  • 購入方法
  • 刊行目録
  • リンク
  • お問合わせ
  • 国際法・国際関係・法律
  • 政治・経済・経営
  • 多分野交流研究
  • 中国関係
  • 社会学
  • 福祉
  • 教育
  • 歴史
  • 芸術
  • 環境
  • 哲学・宗教
  • 倫理・精神医学
  • 文学・ドキュメント
  • 自然・科学
  • 未来を拓く 人文・社会科学
  • シリーズ社会学のアクチュアリティ
  • シリーズ 世界の社会学 日本の社会学
  • 居住福祉シリーズ
  • 寺崎昌男他、大学改革を問い直すお勧めの8冊
  • Our Publication in English
  • 受賞作品
教育
2013年

日本現代初等教育思想の群像 <乙訓稔著 >

大学史研究25 <大学史研究会編 >

新版 オーストラリア・ニュージーランドの教育――グローバル社会を生き抜く力の育成に向けて <青木麻衣子・佐藤博志編著 >

現代教育制度改革への提言 上 <日本教育制度学会編 >

現代教育制度改革への提言 下 <日本教育制度学会編 >

オーストラリアの教員養成とグローバリズム――多様性と公平性の保証に向けて
<本柳とみ子 >

学生支援に求められる条件――学生支援GPの実践と新しい学びのかたち <大島勇人・浜島幸司・清野雄多 >

大学再生への具体像〔第二版〕――大学とは何か <潮木守一 >

現代日本の教育課題――21世紀の方向性を探る <村田翼夫・上田学 編著 >

新興国家の世界水準大学戦略――世界水準をめざすアジア・中南米と日本 <P・G・アルトバック/J・バラン 編著 米澤彰純 監訳 >

比較教育学研究47 <日本比較教育学会 編 >

主体的学びにつなげる評価と学習方法――カナダで実施されるICEモデル <Sue Fostaty Young・Robert J.Wilson 原著者 土持ゲーリー法一 監訳 小野恵子 訳 >

コミュニティワークの教育的実践――教育と福祉とを結ぶ <高橋満 著 >

「深い学び」につながるアクティブラーニング――全国大学の学科調査報告とカリキュラム設計の課題 <河合塾編 著 >

教育哲学問題集――教育問題の事例分析 <宇佐美寛 著 >

アジアの中等教育改革――グローバル化への対応 <馬越徹・大塚豊 編 >

比較教育学の地平を拓く――多様な学問観と知の共働 <山田肖子・森下稔 編著 >

原理原則を踏まえた大学を――場当たり策からの脱却こそグローバル化の条件 <舘昭 著 >

関係性の教育倫理――教育哲学的考察 <川久保学 著>

比較教育学研究46号 <日本比較教育学会 編>

2012年

ドイツ統一・EU統合とグローバリズム――教育の視点からみたその軌跡と課題 <木戸裕 著 >

大学教育改革と授業研究――大学教育実践の「現場」から <須藤敏昭 著>

教育マーケティング理論の新展開 <佐野享子 著>

教育機会均等への挑戦――授業料と奨学金の8カ国比較 <小林雅之 編著>

君は自分と通話できるケータイを持っているか――「現代の諸課題と学校教育」講義 <小西正雄 著>

大学のカリキュラムマネジメント――理論と実際 <中留武昭 著>

比較教育学事典 <日本比較教育学会 編>

比較教育学研究45号 <日本比較教育学会 編>

3.11本当は何が起こったか:巨大津波と福島原発――科学の最前線を教材にした暁星国際学園「ヨハネ研究の森コース」の教育実践 <丸山茂徳 監修>

教育における国家原理と市場原理――チリ現代教育政策史に関する研究 <斉藤泰雄 著>

臨床的人間形成論の構築(臨床的人間形成論〈第2部〉) <田中毎実 著>

[新訂版]大学の授業 <宇佐美寛 著>

[新版]大学事務職員のための高等教育システム論――より良い大学経営専門職となるために <山本眞一 著>

英語の一貫教育へ向けて <立教学院英語教育研究会 編、鳥飼玖美子、寺zア昌男 監修>

学校・教員と地域社会 <大坪正一、平田淳、福島裕敏 編著>

学士課程教育の質保証へむけて――学生調査と初年次教育からみえてきたもの <山田礼子 著>

アメリカにおける多文化的歴史カリキュラム <桐谷正信 著>

スタンフォード 21世紀を創る大学 <ホーン川嶋瑤子 著>

未曾有の「国難」に教育は応えられるか――「じひょう」と教育研究60年 <新堀通也 著>

中央アジアの教育とグローバリズム <嶺井明子、川野辺敏 編著>

発展途上国の保育と国際協力 <浜野隆、三輪千明 著>

比較教育学研究44号 <日本比較教育学会 編>

大学教育の臨床的研究(臨床的人間形成論〈第1部〉) <田中毎実 著>

アメリカ大学管理運営職の養成 <高野篤子 著>

2011年

視写の教育――〈からだ〉に読み書きさせる(シリーズ『大学の授業実践』3) <池田久美子 著>

フリードリヒ・フレーベル――その生涯と業績 <ヨハネス・プリューファー 著、乙訓稔、廣嶋龍太郎 訳>

国立大学法人の形成 <大崎仁 著>

教育哲学 <宇佐美寛 著>

あなたの未来を拓く通信制大学院――日本大学大学院・宮本ゼミの12年のドキュメント <宮本晃 著>

関係性をめぐって(臨床教育人間学4) <臨床教育人間学会 編>

子ども・若者の自己形成空間――教育人間学の視線から <高橋勝 編著>

教育による社会的正義の実現――アメリカの挑戦(1945-1980) <ダイアン・ラヴィッチ 著、末藤美津子 訳>

ポートフォリオが日本の大学を変える――ティーチング/ラーニング/アカデミックポートフォリオの活用 <土持ゲーリー法一 著>

アクティブラーニングでなぜ学生が成長するのか――経済系・工学系の全国大学調査からみえてきたこと <河合塾 編著>

幼稚園と小学校の教育――初等教育の原理 <乙訓稔 編著>

比較教育学研究43号 <日本比較教育学会 編>

現代アメリカにおける学力形成論の展開――スタンダードに基づくカリキュラムの設計 <石井英真 著>

韓国の才能教育制度――その構造と機能 <石川裕之 著>

演劇教育の理論と実践の研究――自由ヴァルドルフ学校の演劇教育 <広瀬綾子 著>

大学教育のネットワークを創る――FDの明日へ <京都大学高等教育開発推進センター 編、松下佳代 編集代表>

教育における評価とモラル(シリーズ[日本の教育を問いなおす]) <戸瀬信之、西村和雄 編>

ロッキーの麓の学校から――第2次世界大戦中の日系カナダ人収容所の学校教育 <フランク・モリツグ 編著、小川洋、溝上智恵子 訳者代表>

経験と知の再構成――社会人のための社会科学系大学院のススメ <東洋大学福祉社会システム専攻出版委員会 編>

防災教育の展開(シリーズ・防災を考える6) <今村文彦 編>

大学行政政策論――職員がつくる教育と研究の新たな仕組み <立命館大学大学行政研究・研修センター 近森節子 編>

問題形式で考えさせる(シリーズ『大学の授業実践』2) <大田邦郎 著>

比較教育学研究42号 <日本比較教育学会 編>

2010年

教育文化人間論――知の逍遥/論の越境 <小西正雄 著>

大学戦略経営論――中長期計画の実質化によるマネジメント改革 <篠田道夫 著>

近代日本海外留学の目的変容――文部省留学生の派遣実態について <辻直人 著>

大学史研究24号 <「大学史研究」編集委員会 編>

拡大する社会格差に挑む教育(シリーズ[日本の教育を問いなおす 蓮 <西村和雄、大森不二雄、倉元直樹、木村拓也 編>

混迷する評価の時代――教育評価を根底から問う(シリーズ[日本の教育を問いなおす◆蓮 <西村和雄、大森不二雄、倉元直樹、木村拓也 編>

[新版]理工系学生のための日本語表現法――学士力の基礎をつくる初年次教育 <森下稔、久保田英助、鴨川明子 編>

現代アメリカ教育ハンドブック <アメリカ教育学会 編>

21世紀の教育改革と教育交流 <望田研吾 編>

比較教育学研究41号 <日本比較教育学会 編>

大学自らの総合力――理念とFDそしてSD <寺崎昌男 著>

大学教育 改革と研究の30年――大学教育学会の視点から <大学教育学会30周年記念誌編集委員会 編>

初年次教育でなぜ学生が成長するのか――全国大学調査から見えてきたこと <河合塾 編>

バイリンガル・テキスト 現代日本の教育――制度と内容 <村田翼夫、山口満 編著>

クリティーク 多文化、異文化――文化の捉え方を超克する <馬渕仁 著>

日本の留学生政策の評価――人材養成、友好促進、経済効果の視点から <佐藤由利子 著>

近代教育学の成立 <森川直 著>

西洋近代幼児教育思想史[第二版]――コメニウスからフレーベル <乙訓稔 著>

学びを支える活動へ――存在論の深みから <田中智志 編著>

作文の教育――〈教養教育〉批判(シリーズ『大学の授業実践』1) <宇佐美寛 著>

韓国大学改革のダイナミズム――ワールドクラス(WCU)への挑戦 <馬越徹 著>

航行をはじめた専門職大学院 <吉田文、橋本鉱市 著>

転換期日本の大学改革――アメリカとの比較 <江原武一 著>

日本とドイツの教師教育改革――未来のための教師をどう育てるか <渡邉満、カール・ノイマン 編著>

アメリカの現代教育改革――スタンダードとアカウンタビリティの光と影 <松尾知明 著>

アメリカ公民教育におけるサービス・ラーニング <唐木清志 著>

教育制度の構造と機能 <井上正志 著>

現代中国初中等教育の多様化と制度改革 <楠山研 著>

私立大学の経営と拡大・再編――1980年代後半以降の動態 <両角亜希子 著>

比較教育学研究40号 <日本比較教育学会 編>

戦間期オーストリアの学校改革――労作教育の理論と実践 <伊藤実歩子 著>

いま親にいちばん必要なこと――「わからせる」より「わかる」こと <春日耕夫 著>

高等教育質保証の国際比較 <羽田貴史、米澤彰純、杉本和弘 編著>

中国高等教育独学試験制度の展開 <南部広孝 著>

転換期を読み解く――潮木守一時評・書評集 <潮木守一 著>

2009年

社会性概念の構築――アメリカ進歩主義教育の概念史 <田中智志 著>

ICUリベラルアーツの心――回想のワース先生 <回想のワース先生編集委員会 編著>

現代アメリカの教育アセスメント行政の展開――マサチューセッツ州(MCASテスト)を中心に <北野秋男 編著、黒田友紀、石井英真、長嶺宏作、吉良直、遠藤貴広 著>

国際社会への日本教育の新次元――今、知らねばならないこと(国際共生研究所叢書1―大阪女学院大学―) <関根秀和 編>

道徳教育の新しい展開――基礎理論をふまえて豊かな道徳授業の創造へ <林忠幸、堺正之 編著>

人間形成の基礎理論[第三版] <山邊光宏 著>

オーストラリア学校経営改革の研究――自律的学校経営とアカウンタビリティ <佐藤博志 著>

大学の財政と経営 <丸山文裕 著>

中国教育の文化的基盤 <顧明遠 著、大塚豊 監訳>

比較教育学研究39号 <日本比較教育学会 編>

大学教育を科学する――学生の教育評価の国際比較 <山田礼子 編>

NPOの公共性と生涯学習のガバナンス <高橋満 著>

西洋現代幼児教育思想史――デューイからコルチャック <乙訓稔 著>

津軽学――歴史と文化 <土持ゲーリー法一 編著>

ラーニング・ポートフォリオ――学習改善の秘訣 <土持ゲーリー法一 著>

比較教育学研究38号 <日本比較教育学会 編>

ヨーロッパ近代教育の葛藤――地球市民の求める教育システムへ <関啓子、太田美幸 編>

多元的宗教教育の成立過程――アメリカ教育と成瀬仁蔵の「帰一」の教育 <大森秀子 著>

「夢追い」型進路形成の功罪――高校改革の社会学 <荒川葉 著>

「郷土」としての台湾――郷土教育の展開にみるアイデンティティの変容 <林初梅 著>

戦後台湾教育とナショナル・アイデンティティ <山崎直也 著>

2008年

資料で読み解く南原繁と戦後教育改革 <山口周三 著>

マレーシア青年期女性の進路形成 <鴨川明子 著>

オーストラリアの言語教育政策――多文化主義における「多様性」と「統一性」の揺らぎと共存 <青木麻衣子 著>

大学史研究23号 <「大学史研究」編集委員会 編>

教育の論究[改訂版] <乙訓稔 編著、青木秀雄、田中正浩、大澤裕、廣嶋龍太郎、勝山吉章、八木浩雄 執筆>

スクールリーダーのための教育政策研究入門 <F.C.ファウラー 著、堀和郎 監訳>

教育政策の原理――比較教育研究 <ニコラス・ハンス 著、乙訓稔 訳>

大学における書く力考える力――認知心理学の知見をもとに <井下千似子 著>

教育的思考のトレーニング <相馬伸一 著>

比較教育学研究37号 <日本比較教育学会 編>

生きること(臨床教育人間学3) <臨床教育人間学会 編>

国立大学・法人化の行方――自立と格差のはざまで <天野郁夫 著>

IT時代の教育プロ養成戦略――日本初のeラーニング専門家養成ネット大学院の挑戦 <大森不二雄 編>

ミッション・スクールと戦争――立教学院のディレンマ <老川慶喜、前田一男 編著>

フンボルト理念の終焉?――現代大学の新次元 <潮木守一 著>

近代日本黎明期における「就学告諭」の研究 <荒井明夫 編>

中国高等教育の拡大と教育機会の変容 <王傑(杰) 著>

戦後日本産業界の大学教育要求――経済団体の教育言説と現代の教養論 <飯吉弘子 著>

比較教育学研究36号 <日本比較教育学会 編>

2007年

「学校協議会」の教育効果に関する研究――「開かれた学校づくり」のエスノグラフィー <平田淳 著>

教育と人権――人権教育の思想的地平 <ヴィンフリート・ベーム 編、岡野治子、乙訓稔 監訳>

ヨーロッパの学校における市民的社会性教育の発展――フランス・ドイツ・イギリス <武藤孝典、新井浅浩 編著>

バングラデシュ農村の初等教育制度受容 <日下部達哉 著>

進路形成に対する「在り方生き方指導」の功罪――高校進路指導の社会学 <望月由起 著>

清水義弘、その仕事 <清水義弘先生追悼集刊行委員会 編>

プラットフォーム環境教育 <石川聡子 編著>

大学改革 その先を読む――立教大学「大学教育開発・支援センター」連続セミナー講演記録 <寺崎昌男 著>

理工系学生のための日本語表現法――大学における初年次教育 <森下稔、鴨川明子 編>

教員養成学の誕生――弘前大学教育学部の挑戦 <遠藤孝夫、福島裕敏 編著>

アメリカの教育支援ネットワーク――ベトナム系ニューカマーと学校・NPO・ボランティア <野津隆志 著>

政策立案の「技法」――職員による大学行政政策論集 <伊藤昇 編著>

タイにおける教育発展――国民統合・文化・教育協力 <村田翼夫 著>

リフレクション(臨床教育人間学2) < 臨床教育人間学会 編>

学校発カリキュラム――日本版「エッセンシャル・クエスション」の構築研究の一環として <小田勝己 編著>

フェルディナン・ビュイッソンの教育思想――第三共和政初期教育改革史研究の一環として <尾上雅信 著>

改めて「大学制度とは何か」を問う <舘昭 著>

世界のシティズンシップ教育――グローバル時代の国民/市民形成 <嶺井明子 編著>

30年後を展望する中規模大学――マネジメント・学習支援・連携 <市川太一 著>

比較教育学研究35号 <日本比較教育学会 編>

比較教育学――越境のレッスン <馬越徹 著>

中国大学入試研究――変貌する国家の人材選抜 <大塚豊 著>

自己形成者の群像――新しい知性の創造のために <宮坂広作 著>

オフィシャル・ノレッジ批判――保守復権の時代における民主主義教育 <マイケル.W.アップル 著、野崎与志子、井口博充、小暮修三、池田寛 訳>

市民性教育の研究――日本とタイの比較 <平田利文 編著>

大学授業入門 <宇佐美寛 著>

比較教育学研究34号 <日本比較教育学会 編>

もうひとつの教養教育――職員による教育プログラムの開発 <近森節子 編著>

2006年

現代アメリカのコミュニティ・カレッジ――その実像と変革の軌跡 <宇佐見忠雄 著>

教育改革への提言集第5集――教育基本法改正案の意義を考える <日本教育制度学会 編>

中国の民営高等教育機関――社会ニ−ズとの対応 <鮑威 著>

大学は歴史の思想で変わる――FD・評価・私学 <寺崎昌男 著>

陶行知の芸術教育論――生活教育と芸術との結合 <李燕 著>

アメリカ連邦政府による大学生経済支援政策 <犬塚典子 著>

[新版]昭和教育史――天皇制と教育の史的展開 <久保義三 著>

近代日本の英語科教育史――職業系諸学校による英語教育の大衆化過程 <江利川春雄 著>

大学教育の思想――学士課程教育のデザイン <絹川正吉 著>

多様社会カナダの「国語」教育――高度国際化社会の経験から日本への示唆(カナダの教育3) <関口礼子、浪田克之介 編著>

教室から地球へ 開発教育・国際理解教育 虎の巻――人が育ち、クラスが育ち、社会が育つ <開発教育・国際理解教育アクションプラン研究会 編>

地上の迷宮と心の楽園(コメニウス・セレクション) <J.A.コメニウス 著、藤田輝夫 訳、相馬伸一 監修>

大学再生への具体像 <潮木守一 著>

原点に立ち返っての大学改革 <舘昭 著>

ドイツの教育のすべて <マックス・プランク教育研究所研究者グループ 著、天野正治、木戸裕、長島啓記 監訳>

日本のティーチング・アシスタント制度――大学教育の改善と人的資源の活用 <北野秋男 編著>

比較教育学研究33号 <日本比較教育学会 編>

教育の論究 <乙訓稔 編著 大澤裕、勝山吉章、大庭茂美 執筆>

イギリスの教育課程改革――その軌跡と課題 <木村浩 著>

大学行政論 <川本八郎、伊藤昇 編>

現代ドイツ教育学の思惟構造 <林忠幸 著>

シュプランガー教育学の宗教思想的研究 <山邊光宏 著>

大学行政論 <川本八郎、近森節子 編>

比較教育学研究32号 <日本比較教育学会 編>

2005年

メタフォリカル コンピテンス――比喩的表現の理解と運用[Metaphorical Competence in an EFL Context] <東眞須美(Masumi Azuma) 著>

「改革・開放」下中国教育の動態――江蘇省の場合を中心に <阿部洋 編著>

アメリカ進歩主義教授理論の形成過程――教育における個性尊重は何を意味してきたか <宮本健市郎 著>

現代ドイツ政治・社会学習論――「事実教授」の展開過程の分析 <大友秀明 著>

比較教育学――伝統・挑戦・新しいパラダイムを求めて <マーク・ブレイ 編著、馬越徹、大塚豊 監訳>

教育改革への提言集第4集――改革はここから <日本教育制度学会 編>

一年次(導入)教育の日米比較 <山田礼子 著>

アジア・太平洋高等教育の未来像(静岡アジア・太平洋学術フォーラム) <静岡総合研究機構 編、馬越徹 監修>

人格形成概念の誕生――近代アメリカの教育概念史 <田中智志 著>

教育における比較と旅 <石附実 著>

授業研究の病理 <宇佐美寛 著>

比較教育学研究31号 <日本比較教育学会 編>

模索されるeラーニング――事例と調査データにみる大学の未来 <吉田文、田口真奈 編著>

新時代を切り拓く大学評価――日本とイギリス <秦由美子 編著>

世界の外国人学校 <福田誠治、末藤美津子 編>

反大学論と大学史研究――中野実の足跡 <中野実研究会 編>

中国の後期中等教育の拡大と経済発展パターン――江蘇省と広東省の比較分析 <呉{g来 著>

大学教育の改革と教育学 <カール・ノイマン 著、小笠原道雄、坂越正樹 監訳>

大学教授の職業倫理 <別府昭郎 著>

教育の本質を求めて <山邊光宏 著>

西洋近代幼児教育思想史――コメニウスからフレーベル <乙訓稔 著>

50代から夢さがし――旅、学び、シニア・ビジネス <小向敦子 著>

日本の教育経験――途上国の教育開発を考える <国際協力機構 編著>

大学教授職とFD――アメリカと日本 <有本章 著>

大学の管理運営改革――日本の行方と諸外国の動向 <江原武一、杉本均 編著>

マレーシアにおける国際教育関係――教育へのグローバル・インパクト <杉本均 著>

教育と不平等の社会理論――再生産論をこえて <小内透 著>

学ぶに値すること――複雑な問いで授業を作る <小田勝己 著、白鳥信義 編集協力>

2004年

現代大学教育論――学生・授業・実施組織 <山内乾史 著>

あたらしい教養教育をめざして――大学教育学会25年の歩み 未来への提言 <大学教育学会25年史編纂委員会 編>

ナチズムと教育――ナチス教育政策の原風景 <増渕幸男 著>

フレーベルとペスタロッチ――その生涯と教育思想の比較 <J.H.ボードマン 著、乙訓稔 訳>

教育の経済的生産性と公共性――ホーレス・マンとアメリカ公教育思想 <久保義三 著>

大学院の改革(講座「21世紀の大学・高等教育を考える」 第4巻) <江原武一、馬越徹 編著>

比較教育学研究30号 <日本比較教育学会 編>

大学授業の病理――FD批判 <宇佐美寛 著>

教育の共生体へ――ボディ・エデュケーショナルの思想圏 <田中智志 編>

中国の職業教育拡大政策――背景・実現過程・帰結 <劉文君 著>

学生の学びを支援する大学教育 <溝上慎一 編>

校長の資格・養成と大学院の役割 <小島弘道 編著>

世界の外国語教育政策――日本の外国語教育の再構築にむけて <大谷泰照、林桂子、相川真佐夫、東眞須美、沖原勝昭、河合忠仁、竹内慶子、武久文代 編著>

「こころの知性」を育む――幼稚園児から中学生までの教育 <グウェン・ドティ 著、松村京子 監訳>

公設民営大学設立事情 <高橋寛人 編著>

戦後オーストラリアの高等教育改革研究 <杉本和弘 著>